入谷式足底板

 

この間、入谷先生のセミナーがあったので参加させていただきました。

入谷先生といえば、理学療法の世界では足底板(靴の中敷)で超有名なお方です。通常では、理学療法士向けのセミナーしかやってないようですが、たまにメディカル・トレーニングの一環として、トレーナー向けにセミナーをやってくれているようです。以前、NSCAのカンファレンスでもセミナーを開催してくれましたが、すぐ定員が埋まってしまい、受講できませんでした。したがって、今回はチャンス!と思い早々と申し込んだのです。

もともと、足底板療法は足底板を作成するわけですが、作る為にはグラインダーという研磨機が必要になります。そして、粉塵(削りカス)が出るので一定の作業スペースが必要になります。そしてなにより上手く作れるようになるため修練が必要になります。という訳で、施術所のオプションとしてこの足底板療法を導入するのは、かなり敷居が高いのです。

では今回、何の目的でセミナーに参加してきたかというと、足底板療法に付随して矯正効果を持続させるためのセルフトレーニングを講義してくれると言うので、そちらに興味があり参加させていただきました。今までも足部に対する施術は、リハ系、柔整系、トレーナー系、カイロ系と色々なセミナーに参加させていただきましたが、また新たな知見があるかもと思ったのです。

実際行ってみて、今回のテーマが「足部からの脊柱・骨盤部への影響(カウンター理論)」と言う事もあり、足部ではなく、体幹部や骨盤部へのトレーニングが主でした。しかし、これはこれでかなり勉強になりました。っと言うより思っていたのと全然ちがってた!

今回の入谷式カウンター理論に対して、予備知識が全然無いまま参加したので、講義内容を理解するのが大変でした。今は聞いた内容を咀嚼して、上手い具合に施術に融合できるように思案中です。

これからは、伊藤D.C.のカイロプラクティック神経学にも参加します。少しでも多くを吸収し、皆様への施術に還元できるようしていきたいと思いますので、営業時間変更等、ご不便おかけしますがご了承お願いします。

 

 

 

Follow me!

ダフィーカイロプラクティック南林間

当院ではできるだけ、プラシーボ(思い込み)でない科学的根拠にもとづいた本当に効果のある手技を中心に施術を行っています。まず他院を試され、それでも効果の無かった場合、当院をお訪ねください。お役に立てると思います。