著作者-eldar valiullin201202171800mini
寒さも厄介なものではなく楽しめるようになると良いですね。  著作者 eldar valiullin

冷え性とは?

冷え性とは、手足などが冷えた感じがしやすく、寒さに弱く、温めてもなかなか温まりずらい体質を指します。人によっては、お腹が冷えやすいことを訴える場合もあります。

低体温症のように実際の体温と関係なく冷えを感じ、女性に多い症状です。

西洋医学では病名がついていないので、西洋医学のお医者さんでも冷え性治療に取り組んでいる先生の多くは、東洋医学的なアプローチを試みている方が多いようです。

つまり、実際に冷えを感じる末端の手足だけを診るのでなく、全身の体質改善が重要と考えているのです。

 

体質改善のポイント

特に多くの先生が挙げている東洋医学的なポイントとして、
①頭寒足熱
②温めることで血流の改善
③腹八分目
この3つはほとんどの先生が指摘しています。

あと、付け加えとして、東洋西洋の区別無く重要として挙げているのは、
①適度な運動
②ストレスをためない生き方
となります。①の運動は本人のやる気でいくらでもできますが、②ストレスを溜めないはなかなか難しいですね。

 

女性に冷え性が多い原因

女性は男性に比べ筋肉量が少ないため、基礎代謝量が少なく、体熱を作りづらくなっています。また、貧血・低血圧・月経などのため血液循環の乱れが起こりやすいと考えられています。さらに運動不足の場合、筋肉の発達が弱いので、ますます基礎代謝量が落ち、毛細血管の発達も少なく末梢の血液循環の低下を招いています。

体を動かす機会が少なく、室内で過ごす時間が長い人は、空調により体温調節の機能が鈍くなり、自律神経の働きも乱されます。特に夏場の冷房下での生活が続くと冷えが体内に蓄積していきます。自律神経は血管の拡張・収縮に関係しますので、自律神経の乱れは、体温調節機能の乱れに直結します。

 

httpwww.flickr.comphotospagedooley3128276344
photo credit: kevin dooley via photopin cc

 

カイロプラクティックでの冷え性の解消法

カイロプラクティックの施術の中で行うことは、解剖学的な観点から冷え性と関連のあるところの調整を行なうことによって、カイロプラクティックが信じている自然治癒力(カイロではイネイト・インテリジェンスと呼んでいる)を引き出すことを主眼に行ないます。具体的には以下の通りです。

①自律神経の調子を整える

・内臓の活性化
・呼吸の改善
・神経機能の活性化

内蔵と脳は自律神経を介して情報をやり取りしています。内臓調整は自律神経系に影響を及ぼすことができます。通常、自律神経での働きは自分の意思とは関係なく行なわれますが、呼吸は自分の意思で操作できる自律神経機能です。

②手足の神経・血管・筋肉の活性化

・筋肉の働きを活性化し、ミルキングアクションを復活させる。
・末梢神経の活性化
・血流改善

ミルキングアクションとは末端の手や足が動くことにより筋肉が収縮し、血管の血が押し出され、血流を促す作用です。特に足は第二の心臓と呼ばれるようにこの作用は、足に溜まった血液を心臓に送り返すのに重要な働きをします。神経・筋肉の働きを活性化し、機能の改善を図ります。

③運動及び骨格矯正

全ての施術のベースになります。

④自宅での養生

・脇下、膝裏、太もも付けねなどの動脈部の保温
・靴下の重ね履き
・半身浴
自宅で行なっていただく養生は、東洋医学的見地に立った方法が主です。主に冷え対策のための保温や末梢神経・血管の強化のための温冷浴や乾布摩擦、軽い運動、食生活の改善、生活習慣の改善などが入ります。

ダフィーカイロプラクティック南林間

当院ではできるだけ、プラシーボ(思い込み)でない科学的根拠にもとづいた本当に効果のある手技を中心に施術を行っています。まず他院を試され、それでも効果の無かった場合、当院をお訪ねください。お役に立てると思います。