徒手療法と宗教

httpwww.flickr.comphotosh-k-d4387411713
photo credit: h.koppdelaney via photopin cc

ここで言う宗教とは、世間一般で指す宗教団体が信仰している宗教とは少し違っています。

多くに徒手療法には治療哲学というものがあります。

伝統的な中医学に基づく鍼灸ならば、体に巡る気血水の流れを正せば、体の調子はよくなると考えます。

カイロプラクティックならば神経の通りを整え、神経がちゃんと働けば、イネイト・インテリジェンスと呼ばれる自己治癒力が働き、健康が保たれると考えます。

治療哲学は、そのテクニックやシステムの根底を成すものです。

単に痛みをとる、動きを良くする、と言う目的だけでしたら、どの手技・手法をやってもある程度行き着くところは同じになる、と言われています。

しかし、肩こり、腰痛を取るだけがカイロプラクティックではありません。もっともっと来てくれる人の人生に貢献できるものがりあます。

その際、先を目指す為には、治療哲学が道しるべとなります。

様々な手技・療法には哲学があり、症状をとるという通過点は同じでも、その先の目指す頂はそれぞれの手技・療法により違っていきます。

しかし、この哲学に偏りすぎると不可思議・非科学的なことを言い出すパターンに陥ります。私たちの間では、これを「宗教はいってるよ」と揶揄します。

想いが強すぎて、思想が偏り、視界が狭くなっている状態です。
その道を進むのに、想いの強さは重要ですが、冷静さを欠くとバランスを失います。

やっぱり、何にでもバランスって重要ですね。
体のバランスしかり、思考のバランス、生活のバランス、人生のバランス、、、。

クライアント様への貢献を第一義に、その中でカイロプラクティックって何なんだろうな~、って模索している今日この頃です。

Follow me!

ダフィーカイロプラクティック南林間

当院ではできるだけ、プラシーボ(思い込み)でない科学的根拠にもとづいた本当に効果のある手技を中心に施術を行っています。まず他院を試され、それでも効果の無かった場合、当院をお訪ねください。お役に立てると思います。