Ëzc0f0D0‹0sY'`
よく、整体やカイロプラクティックの施術院に行くと、足の長さが違いますね~、と言われます。そして、不ぞろいを治そうとします。

体のバランスを左右対称にすることが究極目標ならば、両足の長さがそろう事は一つの目標達成の指標になります。

しかし、この足の長さを見るというのは厳密に見ようとすると結構難しく、大抵の場合かなりいい加減に行われています。

まず、寝ている位置がちょっとでも左右にズレていれば、それだけで足の長さが大分違って見えます。また、足首やアキレス腱の硬さ、足首周辺の筋肉の硬さにより足底は内側を向いたり、外側に捻れたりということはよくあります。これだと見た目上の足の長さが変わってしまい、正しい身体の歪みを反映しているとはいい難くなっています。

ハイロー・テーブルといって、立った状態からベットが自動でうつ伏せの状態まで寝てくれるベットだと立った状態をそのまま反映してくれる、といわれていますが、それでもそもそもの立ち位置を厳密に取らないと、正しい身体の歪みを反映しているとは言えないでしょう。

また、骨盤周りの筋肉が片側だけ緊張が強ければ、骨盤はそちら側に引っ張られ、当然足も短いように見えます。しかし、これは別に骨盤が歪んでいるわけではなく、筋肉が緊張しているだけなので、そこをほぐしたり、ストレッチすればすむことです。骨の歪みではないということですね。

さらに施術者側が思い込みにより、意識的にしろ無意識的にしろ操作している場合もあります。これ、かなりの確立であると思います。

このように、足の長さを見るというのはかなり不確定要素が強いので、当院ではあまり単純な見方の足の長さ(下肢長という)は参考にしません。

では、どういう場合に下肢長を見るのかというと、身体の反応をみるために足の長さをみる、という場合です。それは、何か身体に対して刺激を加えたことによって足の左右差に変化が出た、とうことは何かしら刺激が身体に対して効力を発揮した、ということを物語っているのです。無効の場合は足の左右差に変化は起こらないであろうと考えられています。

こういう考え方によると、別に足の長さを左右そろえる必要なんてないよ、場合によっては逆に前より差が広がる可能性もありますよ、ということになります。今まで出来上がっていた物を崩すことによって新しく作り直す、という考えです。

このように足の長さを見る、というのも一筋縄ではいかず、難しい問題であるといえます。

あと、もともと本当に足の長さが違う人がいます。骨の長さ自体が違うので、矯正では治りません。足底板(靴の中敷)などで左右差を補正しないといけません。足の付け根から足底もしくはくるぶしを基準にメジャーで計ると解ります。足の付けは骨盤の前面の出っ張り(上前腸骨棘と呼ぶ)を使うと解りやすいです。

 

 

ダフィーカイロプラクティック南林間

当院ではできるだけ、プラシーボ(思い込み)でない科学的根拠にもとづいた本当に効果のある手技を中心に施術を行っています。まず他院を試され、それでも効果の無かった場合、当院をお訪ねください。お役に立てると思います。