GV162_72A

股関節の痛みで問題になるのは、股関節周辺の筋肉や靭帯が痛みを出している場合と、股関節自体が痛んでいる場合の2種類が多く診られます。

股関節が変形している場合でも、そこ自体が痛みの原因になっているというより、周辺の骨盤や膝・足などの問題で負担が股関節にかかり、痛みを誘発している場合もあります。その場合、問題箇所を改善することにより歩行時の股関節痛が軽減する場合もあります。

ただし、変形度合いにより人工関節置換の手術などを行った方がよい場合もあるので、専門の医療機関で相談されることをお勧めいたします。

スポーツをしている方で問題になるのは、モモを高く引き上げる動作(サッカー、空手などのハイキック)などによる鼠径部の痛みです。これはグロインペイン症候群と呼ばれ、なかなか改善しずらい疾患といわれています。

これも、股関節だけを処置するより、骨盤帯・腰部・体幹の配列を改善していったほうが改善率が高いと言われています。

全てにおいて言えることは、股関節周辺の痛みでは、筋力のアンバランスがかなり関係してきますので、運動療法・エクササイズは必須です。当院では、ホームエクササイズ(自主的な運動)に取り組める方のみをカイロプラクティック矯正の対象としております。癒し系の揉んでほしい方は、迷わずマッサージコースでお願いします。

ダフィーカイロプラクティック南林間

当院ではできるだけ、プラシーボ(思い込み)でない科学的根拠にもとづいた本当に効果のある手技を中心に施術を行っています。まず他院を試され、それでも効果の無かった場合、当院をお訪ねください。お役に立てると思います。